はげが治った! 諦めていた髪の毛がフサフサに


by ei254cw

カテゴリ:発毛を抜け毛より多くする( 3 )

ぐんぐん発毛:HSP発毛

薄毛に悩むアナタ、あなたはまさか大手の育毛・発毛サロンにさえいけば、誰でも短期間でぐんぐん発毛すると思ってらっしゃるわけではないですよね?

残念ながら成果の出ない方もいらっしゃいます。

高額な料金でも有名です。
小遣いの範囲で、などと考えてらしたらオオアマです。

癌や心臓病と言った難病クラスの治療費でさえ賄える高額な料金を請求されます。

企業秘密にはなっているものの、
大手でもそこらにある小さな個人営業の育毛サロンでも、
宣伝力は格段に違いますが、やっている内容はそんなに差があるわけではありません、


個人で開業されていらっしゃる方の中には、元大手サロン出身の方が多いようです。
どのサロンも今までの成功体験に裏付けられた理論で育毛サロンを経営されているわけです。

育毛の画期的な薬があれば、これは特許となって製薬会社が大々的に売り出します。
プロペシアとかリアップなんかが有名ですね。

薬以外ではシャンプーやサプリでしょうか。

でも、何をしてもダメだった! 毛は生えなかった!


こんな声が多いのも事実!

自宅で簡単に育毛できるならこんないいことはありません。
レーザー育毛のヘアレーザープレミアムなら可能です。
[PR]
by ei254cw | 2011-03-07 09:10 | 発毛を抜け毛より多くする

養毛剤の効果:HSP発毛

養毛剤は、毛髪と頭皮に栄養を補給して健康な毛髪と頭皮を作るのが目的です。
髪の毛を養生するのが目的で、髪の毛を生やすとかそんな大それた野望は持ち合わせていません。
養毛剤は薬事法では化粧品です。

よく似たものに育毛剤がありますが、育毛剤と養毛剤の違いとは?

育毛剤は、薬事法では医薬部外品で、毛髪の育成を促進させます。
フケやかゆみを抑え脱毛予防を目指しています。


さて、ズバリ髪の毛を生やすのが目的なら発毛剤です。

発毛剤は薬事法では医薬品で毛を生やすこと自体が目的です。
育毛剤や養毛剤のように、毛髪の環境整備ではありません。

以上からお分かりのように、そもそも養毛剤は発毛を目的としていません。

薬事法での区分からでも明らかなように、「発毛」を謳えば医薬品ですから製品化して販売にこぎつけるのはものすごくハードルが高いのです。

発毛に効果ありとされている有効成分は医薬品でしか使用できません。
開発費もかかりますし、とてもじゃありませんが安く提供できるよなものではありません。
しかたなく、発毛の補助的な効果を狙った効果が精一杯というところです。

しかし、養毛剤とか育毛剤とは絶妙のネーミングですね。

各社の製品差別化は、入れ物や包装のデザイン、臭い、CM、知名度、こういったものに限られます。

機械類はいかがですか。
いろいろ出てます。
オススメはレーザー育毛のヘアレーザープレミアムです。
一番コストパフォーマンスがいいんじゃないかな。

 
[PR]
by ei254cw | 2011-03-07 09:01 | 発毛を抜け毛より多くする

毛根の脂は大敵:HSP発毛

毛根が脂漬けだと栄養が髪の毛に十分いきわたらなくなります。

毛根の過剰な皮脂は取り除く必要がありますが、強力なシャンプーでゴシゴシこすると頭皮を傷めるばかりか、皮脂を取りすぎてしまうのです。

で、生体の生理作用として適当な皮脂を分泌しようとしますから、洗っても洗っても皮脂が取れない! 

なんてことになります。

過ぎたるは及ばざるがごとし!


皮脂は毛根にとっても大敵ですが、人間の感覚から見てもありがたいものではありません。

皮脂が酸化してくると嫌なにおいを発するようになり、枕が変色したり頭の臭いがこびりつきます。

これが洗濯してもなかなかきれいになりませんね。


色もにおいも、頑固なものです。

頭髪がべとべとして、脂っぽい髪は見ているだけでも気持ちの悪いものです。

サラリとしたふわふわのヘアスタイルで決めてみましょう。

髪の量が決め手ですね。
はやりのレーザー育毛がいいと思いますよ。
ヘアレーザープレミアムですね。
[PR]
by ei254cw | 2011-03-03 17:29 | 発毛を抜け毛より多くする